ブログ|武蔵小金井駅で歯科をお探しの方は武蔵小金井アクウェル歯科まで

〒184-0004
東京都小金井市本町6丁目14-28
武蔵小金井アクウェルモール 2F
ご予約電話番号

042-316-4118

診療時間
9:30~13:30/
15:00~20:00/

休診日:水曜

ブログBlog

ブログBlog

  • アーカイブ

  • カテゴリー

知覚過敏とは

2020年1月31日

知覚過敏とは、虫歯や歯髄の炎症がなく、冷たい飲み物や歯ブラシの毛先が、歯に触れたときに感じる一過性の痛みのことです

知覚過敏は、エナメル質が摩耗したり、歯茎が下がることで、象牙質が露出します。
象牙質のすぐ裏に、神経の通っている歯髄があるため、通常よりも知覚が敏感になります。

歯医者での治療の場合は、露出した象牙質を覆うことが基本です。
歯の状態により、治療方法は異なりますが、人工の材料を使い、エナメル質の役割を担うような治療方法になります。

“知覚過敏の症状とその原因”

症状の大きな特徴は、「一時的に歯がしみる」ということです。症状が重度のものになると、風が吹くだけで、歯に刺激を感じたりします。

知覚過敏で見られる原因のひとつに、歯茎の後退があります。
歯を磨く際に強い力で磨いたり、長時間の歯磨きは、歯茎を傷めてしまいます。

また、慢性的な歯周病や、加齢による歯茎の衰えも、象牙質を露出させる要因です。

もうひとつの原因は、エナメル質の摩耗です。
歯を白く保つために、歯の表面を長時間磨いたり、研磨材入りの歯磨き剤で強く磨いてしまうことは、良い行動と思われがちですが、エナメル質を痛めてしまう原因となります。歯垢を落とす程度の歯磨きを心がけましょう。

また、歯ぎしりもエナメル質を摩耗させてしまいます。最も硬いといわれるエナメル質どうしが、擦れることになりますので、歯ぎしりをすることがある方は、治療してもらいましょう。

武蔵小金井アクウェル歯科        ☎042-316-4118

 
ページトップへ